くらげHUNTING

アクセスカウンタ

zoom RSS 洞穴を放置してたら新年迎えちゃったっていう、ポケ黒日記。

<<   作成日時 : 2011/01/16 16:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うん、その、攻略自体はね、とっくに終わっているのですが。
!前提!
予備知識無いです。
外部情報疎いです。
主人公♀クロトナちゃんです。
プレイ日記ですから、がつがつネタバレ。

■今回のN戦を

Nが使うポケモンの進化系で撃破しようとか……考えてしまった訳で……
うん、ええ、ハイ。
無理な話なんですけども。
もちろん、要妥協な訳で……。

■選抜メンバー、こんな感じになりました。

久々に覚えてるわざも追記。

デンチュラ
 Lv38 切り裂く、電網、シグナルビーム、胃液
つたーじゃ
 Lv41 叩き付ける、葉剣、とぐろ、メガドレ
トントン(エンブオー)
Lv36 ヒートスタンプ、ニトロ、転がる、嗅ぎ分
ゴローナ
 Lv41 パワージェム、鉄壁、泥かけ、岩雪崩
てっしーと(ナットレイ)
Lv40 呪、鉄壁、力鞭、ジャイロボール
アグモン
 Lv35 念力、起死回生、電光石火、ニトロ

エンブオーは移籍してきました。やってる事は厨だよなソフト複数買いするとか。
ただし今回は中古じゃないです。大人自重せずに購入しました。
コドモをこじらせたオトナはしょーもない、という教訓。
バチュルをデンチュラにするのは頑張れた。
テッシードをナットレイにするので力尽きた。
シビシラスとか、無理。

……むしろ我ながら良くぞここまで上げたというか。
本物の厨なら「努力値」なんかも振るのでしょうが、空木の場合はただ経験値を積むだけです。
幸せ卵を活用しても上がらなくなってきて、じゃあ、って進めている感じ。
毎日戦えるライモンシティのトレーナーさんたちには大変お世話になりました。
……ペンドラーとゼブライカには特に!
ここではPGLから連れてきた「熱風」持ち、炎の体のポニータ君が、ギャロップになっても活躍しました。
ただ、その、ストーリー攻略は出来るだけイッシュのポケモンでやろうかなとか、妙な拘りがゴニョニョ。

■プラーズマー語録。

「我らの王様をサポートする七賢人のゲーチス様。ゲーチス様には三人の部下が居るのだ。その名もダークとr」
いつだったかNに聞いたわ。でも「ゲーチスの」ってとこは着目点かも。

「俺が勝ったらお前のポケモンを解き放て!」
………黙れ小僧っ!

「なぜだ?おまえのポケモンはおまえの隣でうれしそうだな」
…… ま か せ ろ !

「この電気石の洞穴で暮らすポケモンは美しいわ。だって人から自由だもの」
あくタイプ、多いなぁ。
デンチュラのシグナルビームが火を噴くぜ☆

「あなたたち普通のトレーナーがポケモンを使うのは悪いこと。わたしたちプラズマ団がポケモンを使うのは、いいこと!」
なにゆっちゃってんの?

「あなたね……N様が気にしているトレーナーって!」
不 本 意 だ 。

「あなたなんてそこらのトレーナーと同じじゃないの」
多分そうですけどもそれがなにかーっ。

「Nさまはポケモンと ともにお育ちになったお方……誰よりもポケモンの事をお考えになっているの!」
……否定はしない。だけどそれが世界のすべてだと言えるほど、世界は平らではないし単色でも無い。

「誇り高きプラズマ団の一員であるわたしが相手だ」
「お前は何のために戦う?いや、何のために生きる?」
仰々しいんだよ……!そうやって怖い顔して自分の思い込みを一方的に怒鳴りつけて……そういうことじゃ、ないでしょう!!
↑ニュータ○○ごっことかしてみた。
でも憤りを覚えたのは本当。10歳のクロトナは言葉に窮したかもね。

「プラズマ団の願いは!って、あなたには関係ないわね。」
「ちょっと何なの?!強すぎるわよ!プンプン!」
……プンプン?

「プラズマ団の願いは!王様がすべての上に立ち、ポケモンを解き放つこと!あなた!ポケモンを逃がしてトレーナーを辞めなさいよ!」
あの王様なのだとしたら御免蒙る!!

プラズマ団の前にも土煙でるのなw岩のジュエルだった。
ちなみに、洞窟内のエンカウント率が尋常じゃないのでスプレー使用してます。発光してる訳でも無いのに何故だ……PP回復は手段が限られているから面倒なんだぞ……

「ポケモンを使うトレーナー、お前の強さを見せてみろ!」
「……なるほど、よくポケモンを使いやがる。」
「人がポケモンを使うことで強い弱いの競争が生まれてしまう……それで良いのか?ポケモンはトレーナーの道具か?」
極論杉だろう。強い弱いの競争が生まれたところで、そこから降りるかどうかはそいつら次第で。
まぁ、そうやって競争から降りた人を見下したり貶したりするやつは糞だけどな。
ポケモンを道具としてトレーナーやった事は無い!

後半のおざなり感は仕方が無いのではないかと…思われ……

■下に降りてみた。

エリートトレーナー♀につかまった……サヤちゃん、ちょー可愛いな!
ステラちゃん、挑んでねーよ……

で。
………えぬぇ……
わたし、N苦手なんだよ……
考え方の反りが合わないんだよ……

「多くの価値観が交じり合い、世界は灰色になっていく……ボクにはそれが許せない。
ポケモンと人間を区分し、白黒はっきりわける。そうしてこそポケモンは完全な存在になれるんだ。
そう!これこそがボクの夢!かなえるべき夢なんだ!クロトナ!キミにも夢はあるのか?」

………わたしの場合はただの反発かもね。でも、
「有る!」

……空木は灰色の世界が好きだ。
褪せた色が好きなのではなく、多くの価値観が交じり合った均衡が好きだ。
誰が何を信奉していようと愛していようと構いはしない。
だけど、それを「常識」だとか「教典」だとか「正義」だとかいってそれ以外への「断罪」を始めるのなら話は別だ。
そういうのはいやだ。
淘汰するものとされるものを「決めて」しまうことが嫌だ。
白と黒とに分けたところでどちらが正しいと、その正しさや狂気を誰が指摘、証明してくれるのか。
プラズマ団がしようとしていることも、Nが目指していることも、守ろうとしているというより
潰そうとしているから嫌いだ。

「夢がある……それはすばらしい……キミの夢がどれほどか、勝負で確かめるよ!」

わたしの夢を、お前が計るなよ!

(戦闘開始)
……ぅわぁ……

ごめん、相手ポケモンたちごめん……

ガントル、バチュル、テッシード、ギアル……全部Lv28……

ところで電波さんが頻りになにか語りだしてはカットインしてくるんだけども、
超必死でメモってて見過ごした。チラっと見えた気もしたけど見逃したっ!
特にギアルの時さ!(手持ちラスト一体)

な ん て っ た ?!

■戦闘終了……

レベル大差がついたバトルが何と言うか、後味悪し。←キッカケから時間が経ってるので。

N「トモダチが傷つく……これがポケモン勝負だよね……」

それは……そうだね。
特に、簡単に癒えない傷を一方的に憎い相手から負わされるのは嫌だね。

「……どうしてだ?トレーナーであることを苦しく思うまま戦っていても勝てないのか……
クッ!こんなことで理想を追求できるか!伝説のポケモンと……トモダチになれるものか……!」


…………。
………………判ったり解らなかったりだよ、お前……

ジョーイさぁーんっ、タブンネェェェ!
痛い!痛いよ〜!!このケガ、治してぇぇぇ!人ひとり包めるくらいの絆創膏もtt(略)
ワールド展開が凄い事になってる青年を前に怯みに怯んでると唐突に

ベル「クロトナ!」

あぁっ助け……ってベルだめだ逃げ

「もうすぐフキヨセシティだね!」

?!
まさかの通常テンションとかどういうことなのさ。

アララギさんはやっぱりっていうと何か妙な感じですけど、オトナな対応です。

「……ベルは耳がいいのね、あんなに遠くからでもクロトナの声が聞こえるなんて」

百合……?

「で、クロトナ、そちらのトレーナーは、どなた……?」

……はっ、
オトナな口調の博士って珍しくないっ?!(ときめき)

N「……アララギか。
トレーナーとポケモンの関係に疑問も持たず、
人間の勝手なルールでポケモンを分類し、ポケモンという存在を理解したつもりになる
……そんなポケモン図鑑が許せないのだが、アナタは何を考えているんだ?」

ア「あら…………ずい分と嫌われているようね。
だけどあなたの意見もひとつの考え方なら、わたしの願うところも同じくひとつの考え方よ。
ポケモンとどう付き合うべきか、それは一人一人が考え決めれば良いんじゃない?」
 
私の中で博士に軍配が上がりました。

N「それでは間違った考えの人間がポケモンを苦しめる…………そんな愚かな世界をボクは見過ごすわけにはいかない!」

退場。

ア「……まぁ、いきなり解ってもらえるとは思わないけど、少しずつで良いからみんなの気持ちを知ってほしいな。
さてと……もう少しデータを集めるかなー、私たちとポケモンがもっと仲良くなるためにも、相手のことを知らないとね!」

例えばそう、何を好み、何を嫌うのか。どこに住めて、どこに住めないのか。……共存可能なラインは?争わずに居る方法は?
「知る」ってことは、きっとそういうコト。
それを自分の足で駆け回って見て回ってるからこの女性はステキなのだ。

ベル「えーっと、クロトナ!あたし今アララギ博士のボディガードだから、博士と一緒に行くね!」

やっと洞窟から出られますよ……っ!!

フキヨセシティに、つづくっ!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洞穴を放置してたら新年迎えちゃったっていう、ポケ黒日記。 くらげHUNTING/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる