くらげHUNTING

アクセスカウンタ

zoom RSS 松の内も過ぎましたが

<<   作成日時 : 2011/01/10 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ぐーぐるさんのトップページが何気にまだ「正月風味」なのに後押しされて、
新年のご挨拶をさせて頂きに参りました。
2011年。兎年のこの年が、良き飛躍・跳躍の年となりますよう、
心より願う所存、皆様どうぞ、体調には気をお配りになって2011年を満喫なさってくださいませ。
………さて。以下、近況。

ポケ黒がライモンから脱出出来ずにおります……Orz
あとひと月待てばまたナツキさんに会えるなぁ←
いや、一応、フウロさんに挑もうか、って所までは持って行ったんですけども。
客商売の因果なところですねぇ、まとまった休みがないので、ちまちま大掃除を進めておる手前、
家で堂々とDS開けないんですよ……大掃除っつーて、張り切っちゃって部屋カオスだし。
日々の細々とした掃除はあまり得意ではないのですが時折実施する家具も何もかんもゴッソリ動かしてやる掃除とかちょっと燃える。

最近ちょっとエメラルド君に愛着湧いてきちゃってどうしよう、といった所。
黒やりながらなので時間は割けてませんけども。えーと、いまバッジが3つ目かな。
緑柱石の頃に「構想」として登場していたシステムなんかが、黒で実現されていたりとかして割と興味深い。
たしかに赤緑金銀水晶の一連のシリーズからは少し毛色が違いますね。
何というか、そう、手応えがよりRPG的。
NPCの数が多く、キャラクターの作り込みが仔細。
電話番号登録した子たちだけだってのは判ってるけど、コメントが付いてるのに気付いた時はちょっと吃驚した。
道のりが一本じゃ無いところもRPGかな。あっちこっちにお遣いお遣い。嫌いじゃないですよ。
父ちゃんがジムリーダーってところもとても新鮮だわぁ。
そもそもシリーズ通して「父親」が明確なのが珍しいとか思うわけですが真相どうなんだろう?
他に居たっけ?
うぅん、リーグ位制覇してからリセットかけようかな……っていうか、リセットかけられんのか空木……
またソフト買うのっ?!つーとそんな事はしませんけども。ポケモンだけで積ゲーが有るとかどういうことなの。
「初の手持ちポケモン」を「嫁」に出してしまった後なので、これもちょっと味気ない。
……彼はきっと、そう、ポケスペのクリスみたいに捕獲屋なのよ……マリルリの「ぬれねずみ」を相棒に捕獲の旅に出るのだよ……
どうやら世界は繋がっているようだからね………………ハイ、脳内補完完了。
しかし今回の化石選択イベントはどこまで進めれば出て来るのだろうか。(これがプレイ続行の当初の目的だった)

ゲームはこんな感じで。
あとは本かなー。
去年は漫画を結構買い込んでます。
ドロヘドロ、超集めたい。
本の単価が高い上に、好きな人は熱烈に好きなので中古屋にも出回らない。
実家暮らしとしては代引きで本が配送されて来るとか歓迎できませんのでねー定価で買うしかないですねー
相川かわいいよ相川。
カイマンとー、二階堂とー、カスカベ博士が好きだなぁ。
アスも好きですよ。川尻ねーちゃんとかもうほんと、どうしようかと。
なんでこんなノリノリなの、悪魔の資質を持ってるやつはみんなこんな感じなの?w
煙ファミリーも好きですが。恵比寿のあの可愛さはどういうことなのか。
十字目一家も家族愛が可愛いですよね。
グロいけど。
……じょんそん、の、小さいお友達、が、血が逆流しそうなぐらい嫌いなんですけど
行動に可愛げが有るから困る……ジョンソン……
ハルも好きです。
何というか、謎が謎すぎてよく判らないんだ……魔のオマケにも何か伏線がありそうだとか疑いだしたらキリが無い。
内容が黒々ぐるぐるしてても曲調だけはやけに明るい。そんな音楽みたいな話
だとか何だとかいうのをどこかのインタビューで見た気がするので、そんなんなるのかな、とか。
発刊ペースが……ね……なので、私がいつフライングして本誌に手を出すかがオソロシイ。

コッペリオン。
荊ちゃんが可愛くて可愛くて……ルックスっていうか、こう、行動が。
彼女を見てると「ローリン・ガール」を思い出すんだ……。
脳内BGMが固定されるのは割と珍しいパターンなんだけどなー。転がって転がっていつでも傷だらけ。
どうして女子高生の制服とか、不自由なもんを着せたんだ……足とか擦り傷でき放題じゃんか……安くもないし。
「息を止める日」っていうのを、彼女はどう捉えているんだろうな、とか。
考えると止まりませぬ。好評価も酷評も入り混じってる感じですけど。
フィーリングで読めば良いと思うの〜
荊ちゃんに対する愛情は若干、不憫な子萌えスイッチが入った感じ。
遥人よ……帰って来い……。女の子にあんな顔をさせるもんじゃないですよ……。

将国のアルタイル。
マフくん……っ!(←鼻血を拭け)
言いたくないけどマイナー誌の、これまた稀有な舞台設定の漫画ですが。
主人公のマフムート君が、マイナーな私の「好みのツボ」を、粉砕する勢いでブチ抜いた。
二面性っ二面性っっ。ギャップおいしいです。
キュロスくんもアビリガさんも好きですよ。多分そのうち個別で記事書きますけど。

境界のRINNE
言わずと知れた大御所の最新作。安定しておもしろい……。
今回は主人公の少年が割と最初からデレてるのが新鮮〜
ただ読んでると、じわじわ「らんま」が読みたくなってくるという罠……。

逢魔ヶ時動物園
読切り版切り抜いて保存してある。
ものすごーくすきだけど、残念ながら今「漫画を読む」と言っている層に受けるかどうか、答はまだ、ドロの中!(それドロヘドロ)

血界戦線
内藤さんが跳に来たよ☆
ただそのこれ、読切り版を理解してないと「吸血鬼もの」だって判らないですよ御大……。
貸した知人に指摘されるまで空木は気づきもしませんでしたけどね。
読切り版おもしろかったですもん。
その読切り版とは替わってますが主人公良いなぁ。
健気で不憫で、可愛げがあって。良い子で、適度に俗物で。

活字。
ううーん、漫画に比べると不作かなぁ。
集めてるシリーズの新作が出てない事も原因ですけど。
最近のラノベって、娯楽性に突出した実は骨太の話、って少ないですよねー……
男の子も「恋愛」を至上に考えている昨今の事情も噛んでそうですけど、
主人公のことをナゼか好きって言ってくれる謎の美少女の、少なくてヒラッヒラした布地の中身に執着しすぎなの、
多くね?

友人に借りて読み始めたのは「八雲」
嫌いじゃないですけどー……なんだろう……うん、小説って、キャラ萌で読み切るのって、結構大変じゃないですか?
紙面がすっごいハッピーエンドみたいにスッキリ片付いて……私読みながら
「え……あのヒトに救い無いんですけど、それって登場キャラの動機になってた筈のことなんですけど……触れないの?誰も?」
とかなりました、よ……?わたしだけですか?

「守り人」シリーズ
精霊、闇、夢、かな?読んだのは。まだだいぶ先長いな……
骨太だぁ……読みごたえありました。
図書館とかにも入る本だったし、シリーズの評価が高いことも知ってたんですけど今までなんとなくスルーしてきて。
うーん、読み手である当時の私の成長が、この本には合ってなかったのかもな、とか考え込んでしまいましたよ。
バルサより歳喰って、そんでちょっと唸る内容と感じられました。やっと、というべきなのかも。
タンダいい男だなぁ……

「ジョン平と僕と」シリーズ
三冊のシリーズで、じわじわ面白い。私は主人公すきですよ。
すごく、魅力的だと思う。やってること実は凄ェとか思うし。
本人、程々に平和ボケしてて、ほどほどに格好良い。
ジョン平の、間延びした感じの平和な発言がまたツボにはまるはまる。
血気盛んなヒーローものとかダーティなのに疲れたらオススメ。

思い出したらまた書きに来ます(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松の内も過ぎましたが くらげHUNTING/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる