くらげHUNTING

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書の春夏秋冬。

<<   作成日時 : 2009/08/27 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

秋に限らず降って湧いた様に読書に没頭しだす空木です。
電車に揺られながらとか畳んだ布団を背もたれにしつつだとか茶ァしばきながらとか。
難しかったり高尚な内容だと頭の中には入らなかったりしますが
隅々まで堪能して読み込める本に出合えると幸せですね。
で、
本屋でそういった『新しい出会い』を探しているときに参考にするものと言えば?
表紙?タイトルの語感?帯?あらすじ?題材?解説?
………いやぶっちゃけその全部を見ますけどね空木。
(そうやって念入りに見ているから書店員さんに張り付かれがちになるんだけどな……)
(後ろで監視されても気にしませんが「そこ退けよ」とばかりに体入れ込まれると本が選べなくて苛々…)
(ああ、かっこの中身はどーでもいい話ですよ)

「●●大賞受賞!」
とか
「読者が選ぶ●●」
とか
「書店員が(略)」
とかね、
勿論見るじゃないですか。促販だって判ってるけど。
そうやって、何冊か買って帰った空木の率直な感想。

「………あのさ、最近の受賞作って、後味悪過ぎない?」

陰鬱っていうか……乖離したまま、酷いまま終わるっていうか……
いや、恋愛小説に面白みを感じられない空木が選んでる本がミステリとかSFとかに偏ってるのは認めますけども。
ミステリって、まあ、大体は、殺人犯を追いますから、ね……。
死なない人間っていないしね。
――いや、その、後味悪過ぎじゃね?
こう、謎解きがメインだからなの?
最後まで犯人が明かされず、読者の推理の裏を行く展開を求められているからなの?

陰鬱が過ぎないか?!

読み終わった後に考えれば考えるだけ……えーと、言い辛いけど……きもちわるい。
なにをぎゃあぎゃあと……とは自分でも思うけれども

何も「売れ筋の本」までグレなくたって良いじゃない!!

と、読んだ本に影響されやすい空木は思うのですよ……。
哀愁は、いい。
孤独とか虚しさの漂うラストだって立派な問題提議ですよ。
………でもさ…………読後に『すさむ』のはちょっと……やだなぁって……。

あー……私は………クライムコメディが読みたい。
「新旧取り混ぜ、しかし好みなのよ。」
↓       ↓       ↓

ステップファザー・ステップ (講談社MOOK 講談社ペーパーバックスK)
講談社
宮部 みゆき

ユーザレビュー:
最強タッグなんですが ...
明るさと切なさ 講談 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ユーザレビュー:
うまいこと映像化して ...
軽快なボケとつっこみ ...
エレベータ、観覧車に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
祥伝社
伊坂 幸太郎

ユーザレビュー:
伊坂さんは人を楽しま ...
伊坂流ご都合主義謎と ...
とにかく軽快!タイト ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書の春夏秋冬。 くらげHUNTING/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる